シルバーエッグ、同社のレコメンドサービスに使われる デプロイメント・ツールをオープンソース化!

2010.10.18

シルバーエッグ・テクノロジー株式会社(本社:大阪府吹田市、代表取締役社長兼CEO:トーマス・フォーリー、

以下シルバーエッグ)は、同社のリアルタイム・レコメンドサービス「アイジェント」のデプロイメントに利用されている

コードをオープンソース化し、ソースコードを公開したことを発表いたします。

 

コード名「silveregg.distext」というこのデプロイメント・ツールはパイソン言語で書かれており、

現在多くのパイソン開発者の間で利用されているpypiを通じて、このコードを簡単に利用することができます。

また、このコードを使うことで、クラウド・コンピューティングといったlinuxによるインフラ環境においても、

簡単にいろいろなパッケージのインテグレーションを行う事が可能になります。

このコードは、github (http://github.com/)というプロジェクトホスティングサービスに公開されています。

 

シルバーエッグでは、今後クラウド・コンピューティングが普及していく中で、

サーバー管理を容易にするこのような技術は、ますます必要になってくると考えています。

 

<ご参考>
■パイソンとは
Python(パイソン)は、オランダ人のグイド・ヴァンロッサムが作ったオープンソースのプログラミング言語。

オブジェクト指向スクリプト言語の一種であり、Perlとともに欧米で広く普及している。

 

■デプロイメントとは
ネットワーク経由で外部から利用するソフトウエアや、ポータルサイトなどのWebによるサービスを

ユーザーが利用できる状態にすること。

基本ソフト上で動作するコンポーネントと呼ばれるものを読み込ませて動作可能とすることを

インストールとは区別してデプロイと呼ぶこともあります。

 



シルバーエッグ・テクノロジーの最新のニュースや導入事例等は、メールマガジンでもご紹介しております。

メールマガジンの配信をご希望の方は、下記お問合せフォームよりご連絡下さい。

また、製品に関するお問合せや導入のご相談は、下記お問合せフォームおよびお電話にて承っております。

お問合せはこちらから