下着ショップ「白鳩」にフラッシュウィジェット・レコメンドが導入


株式会社白鳩(京都府京都市、池上勝代表取締役)とシルバーエッグ・テクノロジー株式会社(以下シルバーエッグ、大阪府吹田市、トーマス・フォーリー代表取締役社長兼CEO)は、白鳩の下着通販サイト「京都発インナーショップ白鳩」(URL: http://www.wakudoki.ne.jp/ )が、シルバーエッグのレコメンドサービス「アイジェントASP」を使って、フラッシュウィジェット(フラッシュアニメーション仕様での画像やテキストの表示枠)での商品レコメンデーション(お奨め商品の表示)を2009年10月16日に開始したと発表しました。

同サイトはこれにより、お奨め商品を一度に沢山見せたり、ページ遷移させずに商品説明を見せられるようになり、消費者にとってオンラインショッピングの利便性が一層高まります。
消費者の閲覧や購買行動からその人が好みそうな商品を導き出しECサイトの画面上に表示するレコメンデーションの仕組みは、販売増と購買点数増のための戦略的手法としてECサイトでの導入が進んでいます。しかしこれまでのような、商品の静止画像やテキストをそのまま掲載する方法では、スペースが限定されるページ上に一度に表示できる商品点数は3点から5点程度が限度であった上、商品説明を見てもらうには別ページに遷移させる必要がありました。そこで今回白鳩は、フラッシュウィジェットを利用することで、消費者がお奨め商品表示枠にマウスを重ねるだけで、10種類以上のお奨め商品をスライドショーのようにスクロール(切り替え表示)させたり商品説明ウィンドウをポップアップ表示できるようにしました。これにより消費者は、ストレス無く多様な商品を見たり詳細を知ることができるようになります。「フラッシュウィジェットのお陰で、お奨め商品を柔軟に見せられるようになった。また、背景色、文字サイズ、書体(太字かイタリック)、枠の大きさ、ポップアップ部分の大きさ、マージン幅など、お奨め商品表示枠のデザインについて細かい指定ができたし、シルバーエッグさんの対応も速かった!」「やっぱり通販サイトは面白くなければ・・・。お奨め商品がスライドショーで動くなんて!わくわくドキドキしますねぇ。弊社の企業理念と一緒です。」と、白鳩の池上正常務取締役は、その柔軟性を高く評価しています。
アイジェントASPは、人工知能技術により、ECサイト利用者の行動(閲覧や購買など)から商品やコンテンツ間の相関関係をリアルタイムで解析し消費者の次のニーズを動的に予測し表示するためのサービスです。アイジェントASPは、2003年日本初のASP形式レコメンデーションサービスとして市場投入され、日本の大手通販を中心に豊富な実績を持っています。
京都発インナーショップ白鳩は、下着・ランジェリー、ルームウェアおよびメンズの下着専門の通販サイトで、楽天市場、Yahoo!ショッピングなど合計10店舗を運営し、日本NO1のインナーアイテム数を品揃えしています。楽天市場では2年連続ショップ・オブ・ザ・イヤージャンル大賞を受賞。同ショップのフルフラッシュ携帯版(URL: http://4680.net/ )ではアイジェントASPのモバイル対応版「アイジェントASPモバイル」を導入しています。



シルバーエッグ・テクノロジーの最新のニュースや導入事例等は、メールマガジンでもご紹介しております。

メールマガジンの配信をご希望の方は、下記お問合せフォームよりご連絡下さい。

また、製品に関するお問合せや導入のご相談は、下記お問合せフォームおよびお電話にて承っております。

お問合せはこちらから