採用

Eggers' room

【Eggers’ profile】お客様に寄り添い、シルバーエッグのサービスを通して価値を提供したい。私がシルバーエッグを選んだ理由。


シルバーエッグで働くEggersを紹介する「Eggers’ profile」。第二弾では、セールス部ダイレクトセールスチームで活躍する大和田篤さんに、シルバーエッグへ入社を決めたきっかけや今後の展望など、シルバーエッグに出会うまで・いま・これからという時間軸でお話を伺いました。

 

 


 

シルバーエッグに入社する前はどんなことをされていましたか?

 

大学時代は経営学部を専攻し学んでおり、就職活動をきっかけに働くということを考え始めました。就職活動を始めた当初は、どのような仕事をしたいかが定まっておらず、いくつか会社説明を受ける中で、普段の生活において欠かせない「食」に関する事業での仕事のイメージが沸き、「食」を扱う企業を中心に就職先を探しました。その中で、社風や製品に魅力を感じた業務用厨房機器メーカーに新卒で入社しました。

 

そこではどんな仕事をされたのですか?

 

営業です。学校給食センターや、メーカーの食品工場の担当者へ業務用厨房機器の提案を行っていました。

 

給食センターと聞くとなんだか身近に感じますね。一社目での営業活動ではどんな経験を得ましたか?

 

お客様へのヒアリング、自社製品の提案(他社との差別化、導入メリット)、機械設置図面の説明、契約内容の交渉といった一連の流れを通して提案営業の基礎を経験しました。

取り扱う商材は、しゃもじのような数百円の消耗品から数百万円するスチームオーブン、数億円する大量のお米を炊く連続炊飯ライン一式まで幅広く扱っていました。

一社目での経験としてもっとも大きな経験は、3年がかりで大型案件の受注に成功したことです。

受注に至るまで何度もお客様企業へ通い、コミュニケーションを取ることで関係性を維持しながら、綿密な打合せを重ね3年という長い期間を経て、億単位の受注の成功に至った一連のプロセスが大きな経験となりました。

お客様と継続的にコミュニケーションを取り続けることで信頼を勝ち得るということは、現在のシルバーエッグでの営業活動にも活きています。

 

大型案件の受注を経て営業として一回り成長された大和田さんですが、転職を考えたきっかけはあったのでしょうか?

 

大型案件の受注に成功したことが一つの転機ではありました。前職ではこの商談をやりきったことで、その先の自分の成長を改めて考えるようになり、転職についても一つの選択肢として考えるようになりました。

 

シルバーエッグへの入社は、これまで経験されてきた業界とはまったく違うIT業界への転身となったわけですが、転職先はどういった軸で考えていたのでしょうか?

 

実はWeb制作にも興味を持っていたため、前職に勤めながら個人的にホームページ制作の学校に通っていました。転職をするのであればもともと興味のあったITやWeb業界に絞って探すことを決め、転職活動を始めました。

前職は業界の中でも製品力が強い会社だったこともあり、転職先を探す際も製品力が強く、今後の成長を見込める会社というところを軸に探していました。

人材紹介会社からIT業界で製品が強く、成長著しいAIの分野というキーワードで提案頂いたなかの一つにシルバーエッグがありました。

業界未経験ではありましたが、前職で培ってきた経験を活かせると思い応募を決めました。

 

シルバーエッグへの応募前に行ったこと、選考中に印象に残っていることはありますか?

 

応募前にはホームページを確認し、IR情報や働いている方のインタビューを読んだりしました。当時はこのEggers’ roomのページは無かったため、どんな人がどのように働き、活躍しているかについては、面接の場で確認しようと考えていました。

一番印象に残っているのは最終面接ですね。最終面接では社長のトムさんとCo-founder、取締役の3名にお会いしましたが、経営層の方々からレコメンドサービスに込めた熱い思いや愛を語って頂けたことで、自分もシルバーエッグで働きこの会社を成長させたい!という気持ちが芽生えました。

 

大和田さんは入社からそろそろ2年ですね。活躍されている姿を拝見していますが、現在主にどんなお仕事をされているのでしょうか?

 

シルバーエッグのサービスをお客様にご提案する新規営業と、パートナー企業様とのアライアンス業務を担当しています。

 

二足のわらじ、ですね。お客様へシルバーエッグのレコメンドの素晴らしさを営業という形で伝える大和田さんにとってのシルバーエッグのレコメンドとは?また、セールスとしてどんなやりがいを感じていますか?

 

シルバーエッグのレコメンドはとても素晴らしく、レコメンドを導入するのであればシルバーエッグ一択だと自信を持って提案出来ます。シルバーエッグのアイジェント・レコメンダーは、一人ひとりの行動情報に基づいたおすすめをリアルタイムに行う為、精度が高く、さらに導入後には経験豊富なコンサルタントによる改善提案のコンサルティングを行うことで、中長期的にサポートさせて頂くこともポイントです。

そうしたサポート体制もあり、長期に渡りご利用を頂いているお客様もいらっしゃいます。ただ、実際のご提案の場面では、「レコメンドってどこもそんなに変わらないでしょ?」という印象を持たれているお客様もいらっしゃいます。そういったお客様へ丁寧にご説明し、レコメンドへのイメージを変え、シルバーエッグのレコメンドの良さをご理解頂き、導入を決めて頂いたときは本当に嬉しいですし、やりがいを感じます。

また、シルバーエッグのサービスは、MAやWEB接客ツール、チャットボット、DMなどの他社のソリューションと連携して利用できるという点も面白く、お客様へさらに付加価値の高いサービスを提供することができます。

 

大和田さんからもプロダクト愛が伝わってきますね!これまでのシルバーエッグでの経験を通して成長したな、と思うことはありますか?

 

世の中の様々なサービスに関心をもち、シルバーエッグとしては、どのような体験や価値をお客様に提供できるか、という思考力が身に付いたことですね。営業活動の中で様々な業種のお客様にお会いします。そういった方々を理解する為に、普段から複数の情報メディアなどで各業界の最新情報をキャッチアップする習慣がつきました。

 

また、パートナーアライアンスに関しては、世の中に既に存在する素晴らしいサービスと、シルバーエッグのサービスを組み合わせることで、最高のユーザー体験を実現し、付加価値の高いサービスを生み出すためにどのような連携をするのがベストかを常に考えるようになりました。

 

学生時代の大和田さんに今の大和田さんの姿を見せてあげたいですね。そんな大和田さんですがこれからのご自身の目標はどのように考えられていますか?

 

シルバーエッグの強みは、精度の高いパーソナライズを実現する技術力とコンサルティング力にあると思っています。コンサルティングは、高度なノウハウを有するコンサルタントが導入~その後の改善施策の提案を行っていますが、ゆくゆくはこのコンサルティングのノウハウを身につけ、お客様へより付加価値の高いご提案を行えるスキルを磨いていきたいと考えています。

 

 

 

 

最後に、未来のEggersへ一言お願いします

 

仕事に対して前向きで積極的であり、自分で考え行動してやりきれる人。そんな人と一緒にチームとして切磋琢磨し、会社を盛り上げたいです!

 

 


インタビューこぼれ話

 

魅力ある人材になるため最近オペラを習い始めたという大和田さん。コミュニケーションイベント「Eggers’ night」ではその美声を披露してくれるサービス精神旺盛な人柄です。

 

シルバーエッグでは、「パーソナライズされた最上の顧客体験をAIの力で作り出す」というミッションを分かち合い、共に成長しあえる仲間を募集しています!

未来のEggersからの応募をお待ちしています。

 

▼求人情報はこちら

募集職種一覧

 

 

(記:シルバーエッグ・テクノロジー株式会社 青山 弥香)

 


このページの先頭へ