ホームページも個別ユーザーのニーズに応える時代に。「パーソナライゼーション」が主流のワケ


Dreaming

みなさんは実際のお店に行き、興味のない商品が目の前に陳列されていたらどうするでしょうか。おそらく大半の方がそれを素通りし、自分が求めるもの・興味があるものの方に向かうでしょう。もしも通りに構えるすべてのお店から呼び込みを受ければ、その通りはもう通らないようにするでしょう。

それがWEBだとしたらどうでしょうか。サイト上に自分が求める情報や興味がある情報が見つからないと、よほど必要な情報でなければ丁寧に各々のページを見るという作業はせず、サイトから離脱してしまうでしょう。

これをあなたの会社のサイトに置き換えてみましょう。

「企業目線で宣伝したい事を中心にサイトに情報を置く」「ECであれば、売りたい商品を全面に押し出す」といったことがあれば、ユーザーはそれらをかき分けて、あなたのサイトの中で自分が欲しいもの、興味がある・知りたい情報を探さなければなりません。しかし、WEBは非常にシームレスに移動できるため、ユーザーは根気よく探す事はせずに、ある程度探してたどり着けなかったら他のサイトに移動してしまうでしょう。これではせっかく興味を持ってサイトに来訪したユーザーを囲い込んで、捕まえる事はできません。

例えば、サイト上でそれぞれのユーザーの嗜好にあわせて、必要としている情報を提供し、そのユーザーが興味のありそうな情報もあわせて出すといったように、まるで店舗に来てくれたお客様に対する「接客」が行えたらどうでしょうか。

リアルな店舗で行われている接客では、顧客のニーズを汲み取って、それに対して接客をします。常連客の場合はあらかじめ好みが分かっているので、好みに合った商品を薦めるなど、個別の応対をします。

ウェブ・パーソナライゼーションとは、これをシステムにてWEB上で実現したものです。

パーソナライゼーションとは

WEB上では膨大な顧客データの収集が可能です。そのビックデータを分析し、顧客を嗜好や購買傾向によって分類していきます。それらをもとに顧客が興味を持ちそうな商品や情報を予測し、個別ユーザーに対して最適な情報を掲示していきます。

パーソナライズされたサイトであれば、ユーザーが行動すればするほど、過去にそのユーザーが購入した商品をベースに好むであろう商品を推奨したり、過去に読んだ記事に関連ある記事や、視聴した動画と関連するコンテンツなどを自動的に推奨したりすることで、ユーザーをより一層惹きつけ購買や閲覧といった行動を促進させることができます。

これはECサイトにおける商品販売の手法に使える事はもとより、様々なサイトにおいても活用が可能です。サイト一つとってもユーザーが求めている情報や目的は様々です。流入元や、よく見ているページ、訪問回数など様々なデータから、それぞれのユーザーが求めている情報をユーザーによって出しわけることも可能となります。

パーソナライゼーションのための機能を入れておけば、顧客のニーズごとに必要としているものを出し分けられるので、店頭での接客や訪問などの営業と同じ個別対応がWEB上でできるのです。

パーソナライゼーションとは、「自分専用に整理された情報を届ける仕組み」とも言えるかもしれません。

情報は多すぎれば邪魔になってしまう

なお、ECサイト大手Amazonの、2011年の売上の35%はパーソナライズ機能であるレコメンデーションによるものであったというレポートもあるくらいで、大手ECサイトにとってもサイトのパーソナライゼーションは、顧客を獲得し売り上げを上げるための重要な戦略だと考えられています。

現状、WEBにおいては情報があまりに氾濫し過ぎてユーザー自身も質が良い情報にたどり着くまでに苦労をしている現実があります。企業目線で一方的な情報発信をすることは、顧客離れにもなりかねません。

こうした状況だからこそ、手間なく最短距離でユーザー自身にとって有益な情報を提示してくれるサイトが貴重な場となるのです。

パーソナライゼーションは現状のWEBサイト事情にとってなくてはならない戦略と言えるのです。



シルバーエッグ・テクノロジーの最新のニュースや導入事例等は、メールマガジンでもご紹介しております。

メールマガジンの配信をご希望の方は、下記お問合せフォームよりご連絡下さい。

また、製品に関するお問合せや導入のご相談は、下記お問合せフォームおよびお電話にて承っております。

お問合せはこちらから