IR情報

株主・投資家の皆様へ

代表取締役社長 トーマス・アクイナス・フォーリー

株主の皆様におかれましては、平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

ここに当社グループの第24期第2四半期連結累計期間(2021年1月1日から2021年6月30日まで)の概況についてご報告させていただきますので、ご高覧賜りますようお願い申し上げます。

当社の事業が関連するBtoC-EC(消費者向け電子商取引)市場規模は、2020年は19.3兆円(前年比0.4%減)とほぼ横ばいになりましたが、物販系分野においては12.2兆円(前年比21.7%増)と大幅に拡大し、また同分野におけるEC化率は8.1%(前年比1.3ポイント増)になりました(出典:経済産業省、令和2年度 産業経済研究委託事業(電子商取引に関する市場調査)報告書)。

このような状況の中、主力商品である「アイジェント・レコメンダー」及び「レコガゾウ」では、特に既存顧客に対する売上が引き続き増加した影響により、営業収益が1,532千円増加(前年同期比0.2%増)しております。この売上は、顧客が属している業界の市場環境に影響を受けており、インテリア業界(同24.9%増)、総合通販業界(同22.3%増)及びデジタルコンテンツやエンターテイメント業界(同22.3%増)と好調を維持しております。一方、前期において新型コロナウイルス感染症に伴う緊急事態宣言による巣ごもり需要で大きく売上を伸ばしていた業界であるアパレル業界及び人材業界については、落ちつきを見せていることから、前期比較で減少しております。

さらに、2021年6月30日に新製品のAIパーソナライゼーション・プラットホームである「Aigent X」をローンチいたしました。第3四半期連結会計期間より販売を開始していきます。

この結果、当第2四半期連結累計期間の営業収益につきましては611,425千円(前年同期比0.8%減)となりました。

 

代表取締役社長 トーマス・アクイナス・フォーリー

 

このページの先頭へ