IR情報

株主・投資家の皆様へ

代表取締役社長 トーマス・アクイナス・フォーリー

株主の皆様におかれましては、平素より格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

ここに、当社グループの第24期(2021年1月1日から2021年12月31日まで)の概況についてご報告させていただきますので、ご高覧賜りますようお願い申し上げます。

当社の主力商品である「アイジェント・レコメンダー」及び「レコガゾウ」では、特に既存顧客に対する売上について、上半期は堅調に推移したものの、新型コロナウイルス感染症による全国的な緊急事態宣言解除(解除日2021年9月30日)の影響を受けた結果、営業収益が1,209,172千円(前期比1.9%減)となりました。業界別では、ホビー・エンターテイメント業界向け115,769千円(同17.6%増)及び総合通販業界向け127,573千円(同22.6%増)と、好調がみられました。一方、前期において新型コロナウイルス感染症に伴う緊急事態宣言による巣ごもり需要で大きく売上を伸ばしていた業界であるアパレル業界及び人材業界については、当期はコロナ禍からの回復基調が不安定かつ不透明であり、年度後半は減少に転じるなど、当社顧客が属している業界の市場環境の影響を受けることとなりました。

なお、当期においては、パートナー連携の強化を図り、これまで連携できていなかったECプラットフォーム各社との連携が可能となりました。今後、公式アプリ化を進め、新規受注につなげていく予定です。更に、2021年6月30日に新しいAIパーソナライゼーション・プラットフォームである「アイジェント・エックス」をローンチし、第3四半期連結会計期間より販売を開始し、事業の拡大に努めております。今後、この新プラットフォームを技術基盤とし、レコメンドによるWeb上の顧客体験の向上から、行動データを活用したパーソナライゼーションのための多様なソリューション提供へのシフトを加速してまいります。

これからもご支援の程何卒よろしくお願い申し上げます。

 

代表取締役社長 トーマス・アクイナス・フォーリー

 

このページの先頭へ