【2019年10月18日】成長し続けるEC成功企業が実践していることとは ~ DX推進・パーソナライズ施策・顧客接点改善の視点から成功事例を紐解く ~


シルバーエッグ・テクノロジー株式会社は、2019年10月18日(金)、株式会社インターファクトリーおよび株式会社エクレクトとの共催セミナー「成長し続けるEC成功企業が実践していることとは ~ DX推進・パーソナライズ施策・顧客接点改善の視点から成功事例を紐解く ~」を開催いたします。

 

昨今、様々なチャネルのデジタル化とユーザーのリテラシー向上が進む中、企業が中長期的に発展していく為には、ユーザーにより快適な体験を提供することで、企業への信頼や愛着を感じてもらい、支持されるブランドになる必要があります。

そしてその実現には、収集した多種多様なデータを統合するプラットフォームや、そのデータを分析・活用したパーソナライズ施策が非常に重要となります。

本セミナーでは、こうした取り組みを実践し成功している企業の、売上及び顧客満足度の向上に繋がる施策を、事例を交えて詳しくご紹介させていただきます。

ECご担当者必見となっておりますので、ぜひご参加下さい。

本セミナーは以下条件に当てはまる企業様にオススメなセミナーです。

・最新のEC情勢やECサイト成功事例を知りたい
・ECプラットフォームの見直しを検討している
・パーソナライゼーションによる顧客維持やロイヤル化の方法を知りたい
・デジタルマーケティングを少人数で効率的に実施したい
・メール管理や顧客管理などバラバラの社内ツールを統合したい
・CX強化を推進したい


セミナー概要

表題: 成長し続けるEC成功企業が実践していることとは

DX推進・パーソナライズ施策・顧客接点改善の視点から成功事例を紐解く

日程: 2019年10月18日(金)14:00~16:20(13:30~受付開始)

会場: WeWorkなんばスカイオ

大阪府大阪市中央区難波 5 丁目 1-60
(なんばスカイオビル10Fでエレベーターを乗り換え、
オフィスフロア27FのWeWorkなんばスカイオ総合受付までお越しください。)
◆ 電車でお越しの方
南海各線「南海なんば」駅(徒歩1分)
地下鉄御堂筋線「なんば」駅(徒歩2分)
近鉄難波線・阪神なんば線「なんば」駅(徒歩5分)
地下鉄四つ橋線・千日前線「なんば」駅(徒歩5~8分)
◆ 車でお越しの方
MID 難波中パーキング平面駐車場(徒歩 1 分)

定員: 30名(ご確認のメールをお送り致します)

セミナー参加費: 無料

主催: シルバーエッグ・テクノロジー株式会社

株式会社エクレクト

株式会社インターファクトリー


セミナープログラム

13:30~14:00 受付

14:00~14:40 【2025年の崖】から転落しないECサイトへ!

株式会社インターファクトリー
業務企画室 室長兼パートナーアライアンスチームマネージャー
曳地 健一

経済産業省から「DXレポート ~ITシステム「2025年の崖」克服とDXの本格的な展開~」というレポートが発行され、 各所で話題となっております。本セミナーでは、上記レポートの概要とECでの対応策、DX推進に重要なポイントや成功事例について解説させて頂きます。

 

14:40~14:50 休憩

14:50~15:30 様々なマーケティングシーンで活用されるレコメンド、その効果と事例

シルバーエッグ・テクノロジー株式会社
プロダクト・エヴァンジェリスト
古賀 良国

情報が溢れる時代の中、「自分向け」である事を求める消費者の声は更に強くなってきています。 消費者が「今求めているモノ」を予測して推薦を行うレコメンドサービスは、もはやECの訪問者だけに提供するサービスではありません。プッシュ通知、LINE、メール、OMO等、様々なマーケティングシーンにおけるパーソナライズレコメンドの活用方法や効果を、事例を通じてお伝えいたします。

15:30~15:40 休憩

15:40~16:20 コミュニケーションが収益を変える?!

〜顧客接点は「カスタマーサポート」から「コミュニケーションへ」〜
株式会社エクレクト
エンゲージメントマネージャー
徳山友紀

ユーザーが、いかにストレスなくかつ違和感なく、欲しい情報を欲しいタイミングで、都度状況に応じた様々なチャネルから得られるか。このあたり前のことができているかどうかで企業に対する信頼感は大きく変わり、さらには製品やサービスのリピートへと繋がります。顧客満足度の向上とサポートコスト削減の両立を可能にするカスタマサポートツール「Zendesk」で実現できるCX(カスタマーエクスペリエンス)向上対策について事例を交えてご紹介します。

16:20~17:00 個別相談会


このページの先頭へ